妊娠中の便秘の原因とその対策|伊勢崎市の鍼灸治療院が解説 | 伊勢崎市で肩こり・腰痛・不妊の鍼灸治療のことならきよ治療院

きよ治療院
電話受付 0270-75-3443 休診日:水曜・木曜
WEB予約 24H受け付けています!! エキテンかんたん予約

ブログ

ブログblog

妊娠中の便秘の原因とその対策|伊勢崎市の鍼灸治療院が解説

2019年03月12日(火)06:00

便秘でお悩みの妊婦さんもいらっしゃると思います。
便秘は腹痛や肌荒れの原因でもあり、早めに解消したいですよね。
今回の記事では、妊娠中の便秘の原因とその解消方法についてお伝えします。

 

□妊娠中の便秘の原因とは?

 

*ホルモンの関係

 

特に妊娠初期は体の状態が大きく変化するので便秘になりやすいと言われています。
具体的には黄体ホルモンの分泌が促進され、子宮が収縮されないように腸の働きが抑制され、羊水のために水分が多く吸収されるようになります。

 

*腸の圧迫

 

子宮の中で赤ちゃんが大きくなるにつれ、子宮周りの内臓が圧迫されるようになります。
そして内臓が圧迫されると便が通りにくくなり、便秘になってしまうのです。

 

*食生活の乱れ

 

妊娠中はつわりも始まることで食生活が大きく乱れます。
また食べるものも偏りがちになり、便秘になりやすい状態だと言えるでしょう。

 

*運動量の減少

 

妊娠中に運動量が減るのは仕方のないことです。
お腹が大きくなると日常でも体を動かしにくくなるため、どうしても腸の運動も減少し、便が溜まりやすくなります。

 

□妊娠中の便秘の解消方法

 

*水分を取る

 

妊娠中は羊水を必要とするため、分泌するホルモンによって大腸での水分吸収量が増えます。
したがって普段よりもこまめに水分を取ることが効果的です。

 

*食べ物を工夫する

 

食べ物は、食物繊維やオリゴ糖、乳酸菌などを取り入れるように意識しましょう。
オリゴ糖や乳酸菌は腸内の善玉菌を増やしますし、食物繊維は腸の動きを活発化させて便秘を解消します。
これらの摂取はサプリメントで補うこともできますよ。

 

*マッサージやエクササイズをする

 

お家でも簡単にできるマッサージやエクササイズで、直接的に腸に刺激を与える方法も有効です。
お腹の下あたりを円を描くようになでる、腰を回すなど腸を動かすことで便秘を解消しましょう。
ただし、お腹の赤ちゃんに影響を与えないように注意して、優しく刺激してくださいね。

 

*ツボを温める

 

鍼灸治療のように、胃腸の働きを促進するツボを刺激することで便秘を解消することができます。
鍼灸とは、鍼や灸の温熱を用いて体に刺激を与える医療技術のことで、症状の改善や緩和、健康増進を促すものです。
鍼灸はリラクゼーション効果を与えながら血液循環や内臓機能を促進し、便秘を改善できます。

 

□まとめ

 

妊娠中の便秘の原因とその対策方法についてお伝えしました。
日常生活に少しずつ対策を取り込んでいき、早めに便秘を解消しましょう。


pagetop
きよ治療院
電話受付 0270-75-3443 休診日:水曜・木曜